相談支援 

 

①身近な地域における支援

 

②ライフステージに応じた一貫した支援

 

③将来に向けた発達支援

 

④家族を含めたトータル支援

横浜市では、障害児者やその家族がどこに相談しても、適切に課題解決できるよう、重層的な支援体制を構築しています。

 

利用者は、

セルフプランを行うか、

指定特定相談支援事業所に任せるかどちらかの方法により対応していきます。

後者が弊社が提供している相談支援事業です。

この場合、サービス等の利用計画を作成するとともに、ケアマネジメントにより利用者の方のトータルな生活を支援していきます。

 

私たちは、障がいのある方が地域で安心して暮らすことができるように、個別の相談支援と地域づくりに取り組んでいます。